中国の大気汚染により、太陽光が太陽光パネルに影響を与えるほど減光

石炭は再生可能エネルギーの敵であると多くの人に見られており、太陽光発電や風力発電のようなものがより安くなっているため、廃絶のための最初の化石燃料が並んでいます。 しかし、石炭からの反撃は、再生可能エネルギー政策に反対するロビー活動よりもさらに進む可能性があるようです。 新しい研究によると、中国の石炭主導の大気汚染は、太陽を薄暗くすることにより、太陽電池パネルの出力を大幅に削減しています。

現在、中国は太陽光発電の新設で第1位になり、2017年の世界の設備の半分以上を占めています。 2010年から2017年の間に、中国は1ギガワット未満の太陽光発電容量から130ギガワットになり、2030年までに約400ギガワットに向かった。石炭や他の化石燃料を動力源とする変革的な経済成長の結果、中国はこのソーラープッシュの主要な推進要因である窒息大気汚染で。

最近の研究では、1950年代後半にさかのぼって中国周辺の太陽放射測定の記録がまとめられています。 研究は太陽放射の減少傾向を2005年頃まで示し、それはそれが横ばいになり上向きに戻り始めました。 これは、石炭燃焼発電所と製造によるバイオマス燃焼と同様に、最近対処されてきた粒子状大気汚染の増加を追跡します。

ETHチューリッヒのBart Sweertsが率いるチームは、その記録を取り、中国の太陽光発電設備の発電モデルにそれを送り、失われた発電量と、空気を浄化することでどれだけの発電量が得られるかを計算しました。

研究者たちは、約1960年から2015年までの全記録にわたって、平均的な潜在的な太陽光発電が約13%減少したことを発見しました。 容量係数(実際に平均して実際に生成されるソーラーパネルの最大出力の割合)で表されます。2008年の開始時から最低点までの低下は0.162〜0.142でした。

しかし、大気汚染や地域の状況が変化したため、変化はどこでも同じではありませんでした。 最悪の5つの州では、実際に20〜28%の潜在的な世代の減少が見られました。 これらには、東部の工業地帯だけでなく、少量の大気汚染が大きな影響を与える可能性のある西部の明確な高地も含まれます。

中国が1950年代の大気質に戻ることができれば、2016年に既存の太陽光設備を設置すると、さらに14テラワット時の電力を無料で生産できたでしょう。 より多くのソーラーパネルが構築されると、その数は増加するだけです。 2030年までに、空気がきれいになると、毎年70テラワット時の電力が増加し、その時点で予測される総発電量の約1%になります。

これらの数値にドル記号を付けるために、研究者は現在の固定価格買取制度を1キロワット時あたり0.14ドル、2030年には1キロワット時あたり0.09ドルに低下すると予測しています。電気の価値。 2030年には、13%程度の太陽光発電の潜在能力は、年間60億ドルを超える価値があります。

別の比較として、ソーラーパネルの効率改善により、2005年から2017年の間に発電量が約10%増加し、コスト競争力が高まりました。 1950年代の大気質に戻ると、中国のそれよりも多くのことを行うことができます。 事業命題として、大気汚染は太陽を妨げています。

もちろん、研究者たちは、これは中国の大気汚染による健康と経済の総コストと比較して、バケツの減少であると指摘しています。 しかし、これは、石炭とバイオマスからの汚染を排除するために、もう1つの貴重な(そしておそらく驚くべき)利点を追加します。

 


投稿時間:2019年7月18日